日本の陶芸史

安土桃山時代

安土桃山時代-茶道の深化

織田信長・豊臣秀吉が天下統一を果たした時代、武人が茶道を尊び深化しました。
それにつれて茶陶も瀬戸を中心として発展しました。
織田信長は、名物茶人の所持を各大名に奨励したのでその需要は高まりました。さらに、信長は瀬戸窯業を保護しています。

有田郷に陶業が開窯は桃山末期ころとされています。
豊臣秀吉による文禄慶長の役によって、従軍した九州の武将たちは、それぞれ朝鮮から陶工をつれて帰国し窯を築いて茶器を焼かせました。高取焼、上野焼、薩摩焼、萩焼などはそのおもなものです。
また、そのころ北九州では、移住した朝鮮人が朝鮮風の日用雑器を盛んに焼きはじめており、これを唐津焼とよんでいます。


古田織部

この時まで日本の陶器は中国や朝鮮の模倣によりましたが、古田織部が現れて自在の独創性と瀬戸の陶工の創造意欲により、日本度k時の陶器が生まれます。利休による茶道がその道を開いたのです。