日本の陶芸史

江戸時代 李参平

江戸時代の初めのころ、朝鮮から渡ってきた陶工の一人である李参平が、磁器の原料となる磁土を有田で発見し、これを用いて日本ではじめて白磁を作ったと伝えられ、磁祖とされています。
有田では桃山時代にはやきものが作られていますが、帰化朝鮮人李参平によって磁器の生産が始まりました。

磁祖・李参平

李参平は日本名を金ケ江三兵衛といい、肥前有田の磁祖といわれている人であり、出身は朝鮮忠清道金江。
慶長二年、豊臣秀吉の慶長の役に鍋島直茂が、出征して帰還のおりに直茂の家臣、多久長門守安順が日本に連れてきました。

この金ケ江三兵衛が、有田で泉山石を発見ました。この泉山石は現在の佐賀県有田町にある石英粗面岩が風化したものです。当時、この地域は奥深い山間部であり、わずかに田畑が点在する荒寥たる一寒村でしたが、この白磁鉱を発見以来、大窯業地となりました。


李参平は、当時日本にたくさんいた高麗陶工の長を多久長門守から命じられ、安永二年には扶持米の給与を受けたということです。

この頃まで磁器は、大陸方面からの輸入により、わずかに限られた一部階層にのみ珍重されたものだったのですが、この国内生産により庶民層の日用品として一般生活に浸透しました。

百数十人の工員を擁する企業家の三兵衛は、天狗谷開業後、間もなく中白川、下白川に窯を増築して、量産をはかったのですが、全国の需要を充たすには十分ではなかったということです。
そこで、この情勢を察知した地方の人は磁器の製法を見習い、各地に築窯して磁器の製造を始めました。

また朝鮮風陶器を焼いていた者も磁器に転向して有田の磁業は驚くべき膨張発展をしました。寛永十四年に鍋島藩は、山林乱伐防止と高魔人の生活保護のために、内地人陶工陶汰の藩令を出したほどです。