日本の陶芸史

鎌倉室町時代

瀬戸・常滑の登場

平安末から鎌倉・室町にかけて瀬戸、常滑、信楽、越前、丹波、備前に六古窯と呼ばれる窯が起りました。

良質な陶土、燃料と水、窯を築くのに都合のよい斜面など自然の制約を極端にうける陶芸技術窯業は恵まれた自然的条件をもとめて、たえず移動します。12世紀初めには猿投から瀬戸全域が窯業地として発展しました。常滑地方も同時期じであり、窯業地として発展したのは鎌倉時代のころです。

常滑では、高さ30-40cmのものから2m、胴径70cmにもおよぶ大ガメや壺といった特有の大型の生活雑器が量産され、瀬戸では瓶子、四耳壺、水注ぎ、仏花器、香炉といった小形の生活用器が量産されました。

常滑は釉薬をかけない土器であり、あらけずりで用途だけを考えた水ガメとか種壺、油壺といった生活に直結した必需品として、遠く青森、岩手、秋田、山形から南は広島まで送られています。

瀬戸では、猿投の灰釉陶の技術を基礎にして、さらにすすんだ灰釉や鉄釉を施す釉導の万法を発見します。
そして、瓶子、水注、四耳壺、仏花器、香炉など生活雑器を量産します。鎌倉時代末から足利時代になると、瀬戸の技術も向上して天目茶碗、鉄釉の皿、香炉、懐壺、また灰質釉の大碗、小皿、大仏花瓶、燭台、深皿、片口、おろし目皿、すり鉢、水盤などあらゆる日用雑器が作られるようになりました。
この時代に「セトモノ」がやきものの代名詞になり、日本のやきものの全てを総称するようになります。