日本の陶芸史

Ceramic Links

陶芸の世界は、人類発生と同時に始まり、人々は道具として土器を作り始めました。
始まりは火を使っていた後に、そこにあった土が焼き固まっていることから始めたのでしょう。次には、土に水を加えて手で成形したものを焚き火などに入れて、焼き上げたのでしょう。このホームページにある通り、焼き物は時代の経過とともに模様を施し、釉薬を発見して道具以上の価値を見出しています。