日本の陶芸史

弥生式土器

弥生式土器は、東京本郷の弥生町にあった貝塚から1884年に発見されました。縄文式土器とは年代や形、文様が異なっているやきものであり、発見地がその名前となりました。

弥生の時代は縄文式土器の続いて表れ、古墳文化に先行する文化です。紀元前三世紀から後三世紀で約300年間継続したとされています。

無土器時代及び縄文時代の文化は石器時代文化とされています。当時の生活は狩猟と採集だけの原始的なものでしたが、弥生時代に入ると稲を栽培する農業がとり入れられ、それまでより進化した農耕文化が確立されました。

弥生式の文化は朝鮮中国との交流が開始された結果、北九州に農耕や金属器をはじめとする新しい技術や文物がとり入れられました。やがて本州全体に広がったとされています。

弥生式時代は前期・中期・後期の三つに分けられます。
前期には、「遠賀川式土器」と呼ばれる土器が出土しています。この土器の中にも細分された形式と時期の差がありますが、最も古い形式は、福岡県板付遺跡出土の土器とされています。

この遠賀川式土器の範囲が広がり、やがて九州一円に無文土器が発生します。中国には櫛月文土器が発生して一部の地域の地方色が明確に相対する時期が中期とされています。紀元前100年~紀元後100年くらいの間です。

近畿、中国、四国に分布する櫛目文土器はますます製作がさかんとなり、九州にその影響を及ぼすと同時に東日本にさえその技術は伝播していきます。やがて土器にたいする施文はおとろえ、やがて古墳時代の土器である土師式土器が発生します。それまでの時代が後期とされています。

後記は紀元100年~400年くらいです。
弥生式土器の基本的な形態は、壺、甕、鉢、高杯、器台、蓋などがありますが、この基本的な形態はさらに細分され、大形壺、小形壺、無頚壺、水差形土器、台付壺、皿形土器、椀形土器、深鉢形土器など多種多様の形態に分類されます。また機能面でもより複雑なものが考案されていますが、そのほとんどは貯蔵用、煮沸用、供餐用などに分類されます。

現在では細文以来の巻上げ法により制作されたとされています。
ロクロ独特の粘土塊からつくりあげる方法はとられなかったとされています。
しかし、ロクロによる製作はおこなわれなかったとしても、回転可能な台上で、巻上げ法により製作した土器に回転を加えながら施文したという考え方は残っています。
以後、陶芸技術の発展にろくろは大きく寄与します。